ネコの健康におすすめのキャットフード、ドライフードと猫缶の違い

ネコの健康におすすめのキャットフード、ドライフードと猫缶の違い

ドライフードと猫缶の違いとは

キャットフードには、主に、ドライフードと猫缶のタイプがあります。その他に、おやつ用の食品もたくさん販売されていますが、主食となるのは、この2種類のタイプから選ぶことになるでしょう。
ドライフードというのは、犬用のフードにも見られるような、カリカリとした乾燥したタイプのフードのことです。それに対して、猫缶は、缶詰に入ったキャットフードのことで、一般的に柔らかい、水分の多いフードになっています。もちろん、どちらのタイプを選ぶかは、飼い主が選択することになりますから、飼い主によっても、判断は分かれるところです。ネコちゃんが少しでも元気に長生きしてくれるようにと健康を考えるのであれば、どちらのタイプであっても、原材料や成分について気を付ける必要があるといえるでしょう。
一般的に、猫缶のほうが量が少なく、一回か2回で食べきる程度の量であることが多いようです。ですから、価格の面から考えると、猫缶の方が高価な場合もあります。ネコちゃんにもよりますが、猫缶の方が喜んで食べるというケースも多く見られるようです。それは、水分を多く含んでいる方が、匂いも強く、ネコちゃんの食欲にも影響するからとも考えられます。最近では、ネコちゃんが好むような味付けの高級な猫缶も登場していて、人間が食べても美味しいようなものも増えているようです。ドライのタイプにも、さまざまな工夫がされていて、何種類かの味や形が異なるフードを混ぜたものなど、それによってネコちゃんが味や形の違いを楽しんだりしているのかは疑問ですが、飼い主が選ぶ楽しさは増えているともいえるでしょう。
どちらにしても、原材料や添加物にも気を配ってフードを選ぶことが大切といえます。できるだけ信頼できるようなメーカーのフードを選ぶようにしたいものです。

 

キャットフードのタイプは健康を考えて選ぶ

もし、ネコちゃんが健康で、歯の状態にも、特に問題がないという場合であれば、できるだけドライタイプのフードを選ぶようにした方が良いかもしれません。時には、猫缶のような水分の多いタイプを与えてあげても良いでしょうが、猫缶ばかりしか食べなくなってしまうケースも少なくないようです。ネコちゃんは、人間と違って、毎日歯を磨く習慣がない場合がほとんどですので、いつも猫缶のような水分や油分が多いフードを食べ続けていると、どうしても歯に汚れが付いてしまいます。ネコちゃんも人間と同じように、虫歯になったり歯周病になったりするのです。そして、人間のように手軽に歯科で治療するという訳にはいきません。どうしても治療をする必要が生じてしまった場合には、全身麻酔をしなくてはならない、などという事態になってしまったら一大事です。ですから、なるべく虫歯にならないような食生活を飼い主が心がけることが大切なのです。
しかし、体調が悪く、胃腸の働きが良くないようなネコちゃんの場合には、かたいフードをあげていると負担になってしまうこともあるかもしれません。そのような時には、ネコちゃんの様子を見ながら猫缶などのやわらかいタイプを食べさせたり、ドライタイプのフードをお湯でふやかしたりしてあげると良いでしょう。
また、高齢のネコちゃんの場合には、元気であっても、次第に消化能力が低下してくるものなので、ドライタイプのフードでも、小粒のものを選んだり、シニア用とされているタイプを選んであげると良いでしょう。
特に気を付けたいのが、いつも同じメーカーのフードばかり食べさせている場合です。メーカーによって、突然発売を終了したり、震災などの災害で、いつものメーカーのフードが手に入らなくなってしまう可能性もありますので、そのような時に他のメーカーのフードに変更しても大丈夫なように、普段から慣らしておくことも大切です。